いいこと しんぶん ちゅうごく しんぶん
お申し込みはこちら
新聞購読お申し込み
新聞お試し読みお申し込み
アルファお試し読みお申し込み
購読料とお支払い方法
すでに購読されている方
中国新聞SELECTの追加購読お申し込み
各種変更はこちら
お支払い方法のご変更
配達先のご変更
  • 伸ばそう、子どもの好奇心! 親子で中国新聞
  • 新聞が効く 脳トレ大作戦
  • 就活&社会人デビュー 新聞活用
  • 新聞を読むと もっと毎日が面白くなる
電話・FAXでも購読・試読をお申し込みいただけます FAXでのお申し込み
  • あなたのまちの中国新聞販売所

就活&社会人デビュー 新聞活用法

 新聞も読まない学生なんて採りたくない!これが多くの経営者や人事担当者の本音です。
 社会人としてデビューを飾っても、時事ニュースや世の中の動きに強くなければ、厳しいビジネスの世界で活躍はできません。ならば、世界の今が凝縮されている新聞を上手に活用して、ライバルに差を付け、成功を勝ち取りましょう。

あなたを成功に導く新聞の読み方

① まずは1面記事の見出しをチェック

その日に伝えたい最大のニュースが1面のトップ記事です。見出しを読むだけでも記事の概要はつかめます。さらに1面にある記事の見出しをさっと読んでみましょう。30秒もあれば十分。毎朝続ければ、「新聞も読んでないの?」と言われることはなくなります。

② 次はスポーツ面でも番組面でもOK

1面に目を通した後は、好きなページに進んでください。カープやサンフレのファンならスポーツ面へ。ネットやテレビのニュースだけでは知ることができなかった選手やチームの話題が入手できます。興味のあるテーマから「情報の引き出し」を少しずつ増やしていきましょう。友達や取引先との会話に盛り込めば、自分らしさが出せますね。

③ 業界研究は新聞から始めよう

厳しい就職戦線を勝ち抜くには、入念な企業研究が欠かせません。「でも、どこから手を付けたらいいの」という声も聞こえてきます。気軽に始められる方法が「新聞を読むこと」。憧れの企業や、そのライバル社の記事を拾ってみましょう。そこから業界の最前線が見えてきます。面接でも「新聞で記事を読みました」と前向きな姿勢をアピールできますよ。

④ 広告も欠かせない情報源

記事よりも広告に目が向いてしまうというあなた、実は新聞広告も業界のことを知る立派な情報源なのです。広告は時代を映す鏡とも言われます。書籍、住宅、旅行、求人など、あらゆる分野の話題に触れることができるのも新聞ならではの強み。コミュニケーションのきっかけになるネタがたくさんあります。

⑤ スマホで簡単スクラップ

気になる記事があっても、はさみやのりを使ってスクラップするのは面倒で…。そんなあなたには、スマホのカメラでパチリ!をおすすめします。空いた時間に読み返せばいいので、場所を選ばず便利です。これであなたもライバルに差を付けることができますね。

そして、中国新聞は
さらにあなたを応援するコンテンツが満載

地元就職を勝ち取るには、地元のニュースや話題に敏感であることが大切です。
ビジネスの現場では、自社を取り巻く経済環境はもちろん、取引先の動きにもしっかりアンテナを張っておきましょう。

中国新聞ならではの取材力で伝える経済面


 中国新聞の経済面は見開き2ページの充実した紙面で読みどころ満載。就活やビジネスの現場で必ず使えるツールとなります。地元に密着した充実の取材網で、「地元の今」をどこよりも早く、正確にお伝えします。国内外のニュースに連動した地域経済の動きを鋭くキャッチ。地域から世界を見据える視点が養えます。

毎週火曜日「採用担当に聞く」「シューカツ 人事からのメッセージ」

 人事担当者がズバリ語る「わが社が欲しい人材」。採用担当者が見ているポイント、採用までの流れや社員育成の考え方が具体的にわかります。

「シューカツ 人事からのメッセージ」

中国新聞就活応援キャンペーン

本紙+ひろしま求人ネット+キャンペーンサイトで地元企業の今をキャッチ!


 地元経済ネットワークを生かし、地元就活を徹底的に応援する人材採用プログラムです。企業トップ、人事採用責任者、そして先輩社員からの生の声を伝えます。地元で就職を勝ち取るのなら、中国新聞就活応援キャンペーンに注目!
就活応援キャンペーンサイト

インタビュー広告「中国新聞LEADERS倶楽部」


 広島県内の有力企業や団体、教育機関を対象にしたインタビュー形式の広告記事です。
 トップたちが経営戦略や人材育成、最新の取り組みをたっぷりと語ります。
中国新聞LEADERS倶楽部

1面コラム「天風録」

 毎日読むことで、限られた文字数でリズムよく文章をまとめる力が身に付きます。さらに書き写しをすれば、自分の手で文字を書くことに慣れ、漢字を覚える効果も。筆記試験や提出物の誤字脱字が減り、好感度アップ。自分の言葉で文章を組み立てる練習になります。

ライバルに差を付けるため、
新聞を毎日めくることから始めましょう。