中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

多彩な発想で豆腐の商品開発

photo
代表取締役社長 山名 清 (やまな きよし)

―年間売り上げ100億円の大台が目前です。好調の理由は。

単身世帯や高齢の夫婦2人暮らしに向けた個食用の商品がよく売れています。150グラムずつ3丁をセットにした食べ切りサイズの豆腐などです。良質な大豆からできる濃い豆乳で作っており、時間が経過しても風味が変わらないのも、人気の理由です。2012年の発売以来、販売先を増やし、売り上げをけん引する商品に成長しています。

また、カット済みの焼き豆腐など業務用の引き合いも多くなり、外食・中食需要の対応にも力を入れています。今後もライフスタイルの変化にマッチした商品を投入していきます。

―関西工場(滋賀県甲賀市)での生産を強化しています。

本社工場(三原市)だけで製造していた油揚げの生産を今年から、関西工場でも始めます。製造能力は1時間当たり約2万枚。健康効果が期待できるベニバナ油を使用した油揚げなど、春に発売する新商品の準備なども進めています。また、関西工場の新しい製造ラインは無人ロボット化や滅菌などを徹底的に進めています。4、5日間だった油揚げの賞味期限をさらに長くしようと考えています。

―ユニークな商品を増やそうとしていますね。

デザートとして食べるスイーツ系豆腐の開発を考えています。また豆腐を麺状に細長く加工した「豆腐麺」も作ります。植物性たんぱく質を豊富に含む豆腐を、これまで以上に多彩な食べ方で味わっていただきたいと考えています。これからも要望があり、当社で製造が可能であれば新しい発想の商品開発にどんどん挑戦していきます。

―今年力を入れることは。

工場の稼働率を上げて、従業員の賃金やボーナスの改善、ストックオプション(自社株購入権)の拡大などを実施します。従業員の待遇がよくなればいい商品づくりにつながり、結果としてお客さんにも喜んでいただけます。

当社の豆腐類は年間約2千万人が食べていると想定しています。これからも品質管理体制が整った安全な工場で、原材料にこだわったおいしい豆腐や油揚げなどを作り続けていきます。

photo
やまみ本社
概要
会社名株式会社やまみ
本社所在地〒729-0473
三原市沼田西町小原字袖掛73-5
Tel 0848(86)3788
設立1975年1月
事業内容豆腐、厚揚げ、油揚げ等の豆腐関連製品の製造販売
資本金6億9608万円
売上高97億9334万円(2017年6月期)
従業員数346人(2017年9月現在)
支社・支店・工場関西工場、大阪営業所
ホームページhttp://www.yamami.co.jp