中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

リフォームや次世代家電に力

photo
代表取締役会長 兼 社長 久保 允誉 (くぼ まさたか)

―2017年にネットショップのサービスなどを一新した狙いは。

カード会員さまならネットショップでも、店舗の購入でもポイントがたまり長期修理保証が付くようにしました。ネットで買われたものを、店舗で受け取ることもできます。また専用アプリを利用すれば、ポイント残高だけでなく、お預かりしている修理品の状況や、ご購入商品の保証期限も確認していただけます。今後も多くのお客さまに利用してもらえるよう、利便性の向上を図っていきます。

―新しいスタイルの店づくりにも挑みました。

昨年4月にオープンさせた「エディオン蔦屋家電」(広島市南区)は、家電量販店の新しい形にチャレンジしたいと考え、お客さまが心地よく過ごせる新たな空間づくりに力を入れました。おかげさまでオープンから半年を経過した今でも土、日曜は約3万人のお客さまに来店していただいております。新しい家電製品の体験会やテナントとコラボしたイベントも好評です。「お客さまが足を運びたくなる家電店とはどんな店か」を発想の起点に、さらに進化させていきます。

―建て替え中の広島本店本館(広島市中区)はどんな店になりますか。

来年上半期にオープンさせます。昨年末に解体工事を終了し、これからは新築工事に移ります。フロア構成などは検討中ですが、4階部分には新館との連絡通路を設けます。両館がつながることで、一つの館のようにお買い物を楽しんでいただけます。

今までにない商品も多く取りそろえ、お客さまに喜んでもらえる店舗となるよう準備しておりますのでご期待ください。

―今年はどんなことに力を注ぎますか。

おかげさまでリフォーム売上は、家電量販店で6年連続第1位となりました。今後は普及が見込まれる電気自動車用充電設備や、新たなリフォームに対応できる商品と工事体制を整え、第2の柱に育てていきます。

昨年は、新しい家電量販店へのチャレンジ、ネットショップのリニューアル、通販会社フォーレストの買収などを行いました。今年は種をまいたこれらの事業でしっかり利益を生み出していきます。

photo
広島本店完成イメージ
概要
社名株式会社エディオン
本店所在地〒730-8620
広島市中区紙屋町2丁目1-18
本社所在地〒530-0005
大阪市北区中之島2丁目3-33
Tel 06(6202)6011(大代表)
設立2002年3月
事業内容家電販売を主として行う「エディオン」を、関東から九州・沖縄まで日本各地に展開。子会社に、北陸・北海道地方で「100満ボルト」を展開する(株)サンキュー、携帯電話事業会社、住宅設備事業会社、リユース・リサイクル事業会社、通信販売事業会社等
資本金119億4000万円(2017年3月末現在)
売上高6744億2600万円(2017年3月期)
従業員数1万5227人(2017年3月末現在)
店舗グループ合計店舗数1186店舗(2017年9月末現在)
関連会社(株)サンキュー、(株)エディオンコミュニケーションズ、(株)エディオンハウスシステム、(株)エヌワーク、(株)イー・アール・ジャパン、フォーレスト(株)、(株)ちゅピCOMふれあい、(株)サンフレッチェ広島、(株)マルニ木工
ホームページhttps://www.edion.com/