中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

絶好調の「黒ラベル」 一層PR

photo
執行役員
中四国本部長
忠沢 一弘 (ちゅうざわ かずひろ)

―主力ビール「黒ラベル」の好調が続きます。

昨年1―11月の販売は前年比2割増でした。2015年のリニューアル以来、中四国エリアでは32カ月連続前年超えと絶好調です。俳優の妻夫木聡さんと星野源さんが出演するCM効果などもあり、特に若い世代の伸びが目立ちます。この3年間で350ミリリットル缶はエリア内の多くの小売店に並ぶようになりましたが、500ミリリットル缶はまだまだ伸びしろがあります。今年の販売は前年比3割増を目指します。

―イベントも好評でしたね。

黒ラベルをPRする「パーフェクトデイズ」を昨年7月、紙屋町シャレオ(広島市中区)で開きました。クリーミーな泡を3割注いだ黒ラベルとおつまみ、お土産を500円で提供しました。2016年に続く2度目の開催で、5日間で計5千人が来場。同様のイベントを開いた全国8会場中、集客数上位でした。今年は広島会場に加え、エリア内の他の都市での開催を計画しています。

―JR広島駅南口(広島市南区)の再開発ビルに昨年2月、「ヱビスバーエキシティ広島店」がオープンしました。

サッポロライオンが運営し、樽生のヱビス全種類とヱビスのカクテルが楽しめます。カキなど地元食材を使った広島限定フードも盛りだくさんです。マツダスタジアムに近く、観戦前後に立ち寄った方も多くいらっしゃいました。開店以来、全国のヱビスバーの中でも売り上げはトップクラスです。ファン拡大に奏功し、ヱビスの販売も前年超えとなりました。

―今年、特に注力する商品は。

新ジャンル「極ZERO爽快ゼロ」を1月30日に発売します。糖質、プリン体、人工甘味料ゼロに加え、100ミリリットル当たり18キロカロリーと低カロリーに仕上げました。シトラスのような香りのフレーバーホップを使い、すっきり爽やかな味わいが特徴です。

そして、やはり一番は黒ラベルです。キレ、コク、苦みのバランスがよく飲み飽きないこの味をもっと多くの方に届けたいと考えています。昨年末に発売した厳島神社(廿日市市)デザインのようなエリア限定缶やキャンペーンなどを積極的に実施し、一層の販売拡大に努めます。

photo
サッポロ生ビール黒ラベル
概要
社名サッポロビール株式会社
本社所在地〒150-8522
東京都渋谷区恵比寿4-20-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
Tel 0570-200533(代表電話)
設立2003年7月1日
事業内容ビール・発泡酒・その他の酒類の製造・販売、ワイン・洋酒の販売ほか
資本金100億円
売上高2776億7200万円(2016年12月期)
従業員数2051人※他事業会社への出向者除く(2017年12月現在)
支社・支店・工場本社、北海道本社他全国に9地区本部、6ビール工場、2ワイナリー、2焼酎工場等
関連会社(株)楽丸酒造、(株)恵比寿ワインマート、ジャパンプレミアムブリュー(株)
ホームページhttp://www.sapporobeer.jp/