中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

「飲用時品質」の向上と徹底へ

photo
執行役員
中国・四国支社長
林 正人 (はやし まさと)

―ビールの国内市場が縮小する中、業績が好調です。

2017年3月に当社のビールを代表する「ザ・プレミアム・モルツ」を全面刷新しました。さらに深いこくと、華やかな香りが支持を広げ、売り上げは好調です。

7月は新ジャンルビール「頂(いただき)」を発売しました。アルコール度数が7%と高めで、麦芽の力強い味と香りが特長です。17年の新ジャンルの売り上げは、市場を大きく上回り、前年を超えることができました。飲み応えのあるビールを求める消費者に引き続き訴求します。

―体験型のイベントが人気です。

昨年も広島市内で毎年恒例の「ひろしまフラワーフェスティバル」「とうかさん」「ひろしまフードフェスティバル」などに出店しました。5月に紙屋町地下街シャレオ(中区)で開催した、ザ・プレミアム・モルツの4ブランドの飲み比べが楽しめるイベントでは、9日間で計約2万5千杯を販売し大盛況でした。今年も「ザ・プレミアム・モルツ」「ハイボール」をもっと身近に楽しんでもらい、ファンの裾野を広げていきます。

―地域貢献活動にも積極的です。

昨年6月、売り上げの一部を県に寄付する新ジャンルビール「金麦」のオリジナルパックを発売しました。企業版ふるさと納税制度の活用です。350ミリリットル缶6本で、パッケージに瀬戸内海の写真を印刷しました。広島、山口、岡山県内のスーパーなどで計約130万本を限定販売しました。瀬戸内地区の情報発信に貢献できればと願っています。

―今年の取り組みは。

酒税改正を見据えつつ、基幹ブランド「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」の価値向上に力を注ぎます。ハイボールやチューハイなど、成長が見込まれるRTD飲料に関しても、新たな需要の開拓を目指します。

当社は、お客さまの口に入る瞬間まで最高品質を保つ「飲用時品質」にこだわることを使命と考えています。飲食店や小売店と一緒に、徹底的に品質にこだわる「飲用時品質」のさらなる向上に努め、市場の活性化を図っていきます。

創業者、鳥井信治郎が唱えた"やってみなはれ"の精神で、今後もお客さまに喜んでもらえる商品を届けていきます。

photo
概要
社名サントリー酒類株式会社
本社所在地〒135-8631
東京都港区台場2-3-3
Tel 03(5579)1000
設立2009年4月1日
事業内容スピリッツ・ビール類・ワインなど酒類の国内販売
資本金10億円
売上高<グループ連結>2兆6515億円(2016年12月現在)
従業員数<グループ連結>3万8013人(2016年12月現在)
グループ会社321社(2016年12月現在)
エリアホームページhttp://www.suntory.co.jp/area/chushikoku/