中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

賃貸入居率 高水準を保ち健闘

photo
代表取締役社長 冨部 秀司 (とんべ しゅうじ)

―柱となる賃貸事業では高い入居率を維持しています。

当社管内の中四国地方には、積水ハウスの賃貸住宅「シャーメゾン」をオーナーから借り受けて管理運営し、賃料の9割前後を保証する一括借上システムの物件が約4万5千戸もあります。2011年から入居率95%という高水準を保っており、広島地区だけで見ると97%を超えています。また、管理委託の物件を合わせると、5万5千戸以上に。人口減少が進み、賃貸住宅の空室率が上昇する中で健闘しています。

―定期借地権事業も積極的です。

一定の期間、所有者から土地を借り、当社自らが建物を建設して管理運営しています。17年は周南市の出光興産の社宅(40戸)のほか、福山市や山口市などでも賃貸住宅を手掛けて計7棟100戸を整備しました。また、自治体が民間の資金やノウハウを活用して社会資本整備をするPFI方式にも力を入れています。広島県安芸太田町では町有地を無償で借り受け、賃貸アパート2棟を建設し、昨年2月に完成させました。

―働き方改革への取り組みは。

社員の健康や生活の充実のため、完全週休2日制に加え、16年8月からは「スマートホリデイ」と銘打って有給休暇取得を励行しています。17年からは3ケ月に1回の取得を義務化し、全社員の取得状況を確認しています。そのほか、育児や介護などを担っている社員の時短勤務なども積極的に推進しています。

―保険事業なども展開します。

当社をはじめグループ7社が出資して15年に設立した「マスト少額短期保険株式会社」で、入居者専用の火災保険商品を今年から本格的に展開します。新規入居者の8割の加入を目標に取り組みます。

サービス付き高齢者向け住宅「グランドマスト」シリーズは、「安佐南」(広島市安佐南区、30戸)が昨年オープンし、県内で計5棟184戸になりました。看護師が24時間常駐して医療機関とも連携し、要介護度1〜5までの高齢者に対応。入居率は97%と好評です。そのほか、みどり坂テラス(安芸区)やマストタウン春日野(安佐南区)で分譲住宅の販売に力を注いでいます。

地域の発展にさらに貢献できるよう、幅広い事業を展開して成長を維持します。

photo
分譲中の「マストタウン春日野」
概要
社名積和不動産中国株式会社
所在地〒730-0041
広島市中区小町1-25 タケダ広島ビル5階
Tel 082(249)2105
設立1982年8月
事業内容不動産賃貸管理、不動産仲介、不動産販売、リフォーム事業
資本金3億7910万円
売上高381億6188万円(2017年1月期)
従業員数262人(2017年11月現在)
営業所広島、岡山、倉敷、鳥取、米子、松江、福山、東広島、徳山、山口、下関、宇部、高松、徳島、松山、新居浜、高知
関連会社積水ハウス(株)、積和不動産6社ほか
ホームページhttp://www.sekiwachugoku.co.jp/