中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

生活•医療 ニーズ捉え店づくり

photo
代表取締役会長 木嶋 敬介 (きじま けいすけ)

―ドラッグストア業界は依然、再編が進んでいます。

ツルハホールディングス(HD)に昨年9月、浜松市の杏林堂グループ・HDが加わり、「ウォンツ」などのわが社の仲間になりました。これによりツルハHDは店舗数、売上高、利益額で業界首位となりました。杏林堂は、医薬品や化粧品だけでなく食品やペット、園芸用品の品ぞろえが充実しているのが特長です。当社もそのノウハウを学び、売れ筋商品の見極め方や陳列、販促を研究していく考えです。グループ全体では、プライベートブランド(PB)商品の共同開発を視野に入れています。

―九州で出店を強化しています。

人口増の続く福岡市を中心としたエリアは、西日本では関西と並ぶ大きな商圏です。大型クルーズ船の寄港や格安航空会社(LCC)の普及で中国、韓国、台湾、タイなど外国人観光客が多く、インバウンド需要も見込めます。福岡、北九州両市の都心部と周辺地域で今年、現在の10店から30店まで増やす予定です。

―高齢化が加速する中、地域でどんな役割を果たしますか。

中国地方の中山間地域は全国の中でも高齢化率が高く、「買い物が不便」という声もよく聞きます。うちの強みは、医薬品から食品、日用雑貨、介護用品、処方薬まで一つの店舗でそろうこと。ニーズと採算性を考慮しながら、高齢者に使いやすい店舗を積極的に展開する方針です。

在宅医療の現場では、服薬指導を担う薬剤師に加え、要介護者に栄養や献立指導をする管理栄養士のニーズが高まっています。当社も年々採用数を増やしており、地域包括ケアを担う一員として社会に貢献したいと考えています。

―一般消費者に向け、お店の活用法を教えてください。

薬剤師や管理栄養士たち専門知識を持つスタッフを数多く配置し、商品だけでなく食生活や運動、適切なサプリメント摂取法などをアドバイスできるよう教育を徹底しています。積極的に質問していただき、日々の健康づくりや病気予防に役立ててほしいと願っています。

店舗近くの開業医とタイアップした医療セミナーを各地で開いています。地域の傾向をよく知る現場のドクターから最新治療や養生法が聞けるチャンスです。ご活用ください。

photo
管理栄養士によるロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防のセミナー
概要
社名株式会社ツルハグループ
ドラッグ&ファーマシー西日本
本社所在地〒733-0841
広島市西区井口明神1-1-10
Tel 082(270)3170
設立1995年4月
事業内容医薬品、健康食品、化粧品、日用雑貨、ベビー用品小売、処方せんによる調剤業務
資本金2億8750万円
売上高915億4676万円(2017年5月15日時点)
従業員数3042人(2017年9月現在)
関連会社(株)ツルハホールディングス
ホームページhttp://tgn.tsuruha-hd.co.jp/