中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

チルド商品増産 新工場稼働へ

photo
代表取締役会長 兼 CEO 細川 匡 (ほそかわ ただし)

―新工場がスタートします。

東広島市の吉川第二工業団地内に、鉄骨2階建て延べ約7200平方メートルの新工場を建設中で、6月から稼働する予定です。取引先である「セブン―イレブン・ジャパン」(東京)のチルド商品の増産体制を確立します。材料の運搬や計量、お好み焼きをカットする工程など、品質に影響を及ぼさない部分を機械化して生産力を強化。広島風お好み焼きや焼きそばは製麺から手掛けるなどおいしさも追求します。立ち仕事でも疲れにくい床材などを導入して働きやすい環境を整備します。

―冷凍工場も計画しています。

新工場を早く軌道に乗せ、同じ敷地内に冷凍工場も建設したいと考えています。現在、主力となる広島風お好み焼きの冷凍商品の開発に、試行錯誤を重ねながら取り組んでいます。チルドは販売地域が限定されますが、冷凍なら全国約2万店のセブン―イレブンで販売できます。数年内に実現したいですね。

―商品開発力が高く評価されています。

商品開発は売り上げアップの生命線と捉え、力を注いでいます。「セブン―イレブン・ジャパン」が四半期ごとにヒット商品の開発を表彰する制度においては常連で、2017年9月期は全国から選ばれた5品のうちの2品が当社の商品でした。開発の現場では、自由な発想を大切にしています。単にマーケティングなどのデータに合わせるのではなく、消費者の目線で、個性的な商品を追求し続けていることが成果につながっています。

―働き方改革の先進企業でもあります。

広島県商工会議所連合会などから、「働き方改革実践企業」として17年9月に認定されました。短時間勤務や時差出勤、長期有給休暇のほか、誕生月の食事会や国内外への社内旅行、観劇など社員の満足度を高めて高く評価されました。当社の社是は「Happy Together」。会社は、社員を幸せにするためのツールという考え方です。社員の幸せのためには、取引先やお客さま、地域の皆さまも共に幸せであることが重要です。

働く人が誇りを感じ、多くの人に幸せを届けられる企業を目指して成長を続けます。

photo
東広島市の新工場(イメージ)
概要
社名デリカウイング株式会社
本社所在地〒738-0039
廿日市市宮内工業団地2-5
Tel 0829(39)4411
設立1971年11月
事業内容中四国地区の1500店舗を超えるセブン―イレブンへのお弁当、おにぎり、サンドイッチ、惣菜、軽食、スイーツの製造・納品・開発
資本金1億円
売上高151億4675万円(2017年2月期)
従業員数1658人(2017年8月現在)
支社・支店・工場広島工場、岩国工場、デザート工場
関連会社(株)ウイング
ホームページhttp://www.dwing.co.jp