中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

ラジオの楽しさ 若い力で発信

photo
代表取締役社長 久保 雅史 (くぼ まさふみ)

―番組二つが賞を受賞しました。

毎週土曜日午前9時から放送中の「ASAからZOO!アニマルポン!」が、日本民間放送連盟賞ラジオエンターテインメント番組部門優秀賞を受賞しました。広島市安佐動物公園(安佐北区)の動物を楽しく紹介する番組です。動物の鳴き声クイズや地元アーティストが作曲した動物の歌を放送するなど、緻密に練り上げたシナリオが評価されました。

また、特別番組「宮島×モン・サン・ミッシェル音の旅」は全国FM放送協議会(JFN)によるJFN賞2017奨励賞を受賞。フランスのモン・サン・ミッシェルのミサで奏でられる弦楽器シターやパイプオルガン、厳島神社(廿日市市)で披露される雅楽などの音色を集めました。収録技術や二つの世界遺産を比較する番組構成が評価されました。

―リスナーとの触れあいを大切にしています。

社内の若手を中心に「MEET the RADIO」というキャッチフレーズを掲げ、ラジオを身近に感じてもらうイベントを展開中です。ショッピングセンターや大学、祭り会場に番組やDJが出張して、公開録音やトークショー、ライブを行っており、顔の見える企画が好評です。また、リスナーを本社のスタジオなどに招待してアーティストの生演奏を聴いてもらい、番組パーソナリティーが社内を案内する企画も好評です。

―昨年開局35周年を迎えました。

12月5日の開局記念日には長年お世話になっているミュージシャンからコメントを集めるなど、記念の番組を放送しました。4〜8日はサンクスリスナーズウィークとして、生放送番組で35年間のヒット曲を1年ごとに10曲ずつ紹介し、好きな曲の投票を行うなど、35年の歩みを振り返りました。6日には広島市中区の広島文化学園HBGホールでスペシャルライブ「Perfume×9nineの9ジラジNIGHT」を実施し、2千人が盛り上がりました。

―これからの展開は。

リスナーとの距離をより縮めるため、若い社員も含めて試行錯誤しながらラジオの魅力を発信していきます。リスナーと伝え手がつながることができるのがラジオの魅力です。ラジオを聴くきっかけをつくり、リスナーの掘り起こしを目指します。

photo
12月6日HBGホールで行われた9ジラジNIGHT
概要
社名広島エフエム放送株式会社
本社所在地〒734-8511
広島市南区皆実町1丁目8-2
Tel 082(251)2200
設立1982年2月
事業内容超短波放送による基幹放送事業
資本金8000万円(資本準備金含めて5億円)
売上高8億1787万円(2017年3月期)
従業員数30人(2017年11月現在)
支社・支店東京支社
ホームページhttp://hfm.jp