中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

時代の変化捉え来春共学化へ

photo
理事長 武田 義輝 (たけだ よしてる)

―男女共学化を発表しました。

2019年4月から男女共学の大学として校名を広島文教大(仮称)に変更し、新たにスタートします。人間科学部の5学科の一つ、初等教育学科を独立させて教育学部教育学科とし、初等教育専攻(定員120人)と中等教育専攻(定員30人)に拡充する予定です。中学や高校の教員は小学校に比べて男性の比率が高いこともあり、男性にも門戸を広げる決断をしました。大学創設時と比べて女性の社会進出は著しく進み、男女の区別なく共に学ぶ環境は、本学にとって新たな意義があると考えました。今年4月から教育学部棟の校舎の建築に取り掛かります。

―英語教育に力を入れています。

英語学修専用施設「BECC(ベック)」を拠点に、自律学修を支援しています。11人の外国人教員を配置し、講義中は英語オンリーにしています。講義以外でも、空き時間に、2階の「セルフ・アクセス・ラーニングセンター(SALC=サルク)」で、英語のCDを聴いたり、映画を英語で視聴したりする「学内留学」ができる環境を整えています。

―付属高校でも、大きな改革に乗り出しました。

これまでは大学への進学を目指すAコースと、専門学校を含めた多様な進路希望に対応するBコースに分かれていました。18年4月からは、教育者育成コースを追加し、3コース5クラスの編成となります。Aコースには、東大、京大、医学部への進学を目指すスーパー選抜クラスを新設。河合塾と提携しながら少人数教育を徹底します。Bコースにはスポーツ選手中心のスポーツ・カルチャークラスを設置します。教育者育成コースのこども教育クラスでは、原則全員を広島文教大教育学部に進学させて、7カ年教育を行います。

―今年4月、学園創立70周年を迎えます。

1948年に広島県可部女子専門学校を創設以来、「心を育て 人を育てる」という人間教育を受け継いでいます。当学園は付属幼稚園もあります。幼稚園では発達段階に合わせて、子どもの自立や生きる力、可能性を伸ばす「モンテッソーリ教育」に力を入れています。

学生、生徒、園児の「自ら学ぶ力」を伸ばし、これまで培ってきた教育力の継承と発展を目指します。

photo
教育学部棟のイメージ
概要
法人名学校法人武田学園 広島文教女子大学
所在地〒731-0295
広島市安佐北区可部東1丁目2-1
Tel 082(814)3191(代表)
設立1948年4月
学校法人武田学園
広島文教女子大学大学院/広島文教女子大学
広島文教女子大学附属高等学校/広島文教女子大学附属幼稚園
大学院人間科学研究科/教育学専攻、人間福祉学専攻
大学教育学部/教育学科※2019年4月設置構想中
人間科学部/人間福祉学科、心理学科、人間栄養学科、グローバルコミュニケーション学科
高校Aコース/スーパー選抜クラス、進学クラス
Bコース/スポーツ・カルチャークラス
教育者育成コース/こども教育クラス
幼稚園モンテッソーリ教育
ホームページhttp://www.h-bunkyo.ac.jp