中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

安全便利なガス さらに普及へ

photo
代表取締役社長 松本 茂太郎 (まつもと しげたろう)

―リフォーム事業に参入しました。

昨年4月に都市ガスの小売りが完全自由化されたタイミングに合わせ、キッチンやバス、トイレなど水回り中心のリフォーム事業に本格的に取り組み始めました。

水回りは給湯器やこんろなどガス機器が関わる部分が多く、取り扱いメーカーと共同で随時、お客さま向けの相談会を開いています。リフォームを通じて都市ガスの良さもアピールできればと考えています。

―ガス機器の高機能化、多機能化が進んでいます。

2016年に発売された最新機種は、スマートフォンアプリを使い、さまざまな調理が可能です。下ごしらえを済ませておけば、火加減や混ぜるタイミングはこんろにお任せ。簡単に確実にプロの味付けや献立を再現することができます。安全性についても年々高まっていますので、ショールームや展示会で、ぜひ最新機種に触れてみてください。

―環境に優しい天然ガスを効率的に使う提案をしています。

都市ガスに使う天然ガスは、ほかの化石燃料に比べて二酸化炭素の排出量が少ない、環境に優しいエネルギーです。

家庭用燃料電池「エネファーム」は都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて電気を作ります。発電時に発生する熱は給湯に使われるため、エネルギー効率は85%以上を誇ります。省エネ高効率給湯器「エコジョーズ」は、排熱を再利用するため、ガスの使用量はこれまでの給湯器より13%削減できます。ただ、エネファームはある程度の広さの設置スペースが必要なので、今後もハウスメーカーと連携しながら展開していきます。

―都市ガスの安全性向上にも努めていますね。

ガス管を古い鋼鉄製から耐震性に優れたポリエチレン製へ取り換える工事を進めています。年に長さ約12キロ分を交換。25年に完了する見込みです。地震時などのガス漏れによる二次災害防止のため、供給エリアをブロックごとに遠隔操作で遮断できる仕組みを16年に取り入れています。今後も安心して使える都市ガスを供給するとともに、安全性に優れたガス機器を普及させるため尽力していきます。

photo
福山ガス本社
概要
社名福山ガス株式会社
所在地〒721-8601
福山市南手城町2丁目26-1
Tel 084(931)3111
設立1911年2月
事業内容ガス事業、ガス器具の販売、液化天然ガスの販売
資本金2億5875万円
売上高57億3000万円(2016年12月期)
従業員数87人(2016年12月現在)
関連会社福山ガス産業(株)、(株)福山ガスお客さまセンター、福山ガス設備(株)、瀬戸内パイプライン(株)
ホームページhttp://www.fukuyama-gas.co.jp