中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

続く大型施工 街の発展を担う

photo
代表取締役社長 奥村 洋治 (おくむら ようじ)

―広島赤十字・原爆病院(広島市中区)の再整備工事が完了しました。

2013年に着手し、15年に11階建て東棟を完成させた後も病院再整備事業として既存棟の改修や駐車場の増設などを続けてきましたが、昨年、完了しました。この病院については1937年から建設に携わり、原爆被災後は、何よりも命が大事と社を挙げて再建に協力させていただきました。当社の歴史上でも象徴的な建物であり、非常に思い入れの強い施設です。この工事に携われたことは大変光栄です。

―大型案件の施工が続きます。

JR広島駅(南区)の新幹線口側にある二葉の里地区でオフィス、ホテルなどが入る複合ビルを建設中です。中区の八丁堀地区で14階建てオフィスビルを、紙屋町地区ではエディオン広島本店本館の新築工事を手掛けています。これまで広島をはじめ中国地方のさまざまな建物や歴史的建造物に携わらせていただいています。これからも引き続き中国地方の発展の力となれるよう、鋭意努力していきます。

―海外事業も活発です。

現在、東南アジアで大型開発工事が進行中です。ベトナムでホテル開発事業、ミャンマーではオフィスやホテルなどの複合開発事業に取り組んでいます。これからも当社の強みである開発事業に国内外で取り組んでいきます。

また、稲作が盛んなミャンマーのエーヤワディ地域において、もみ殻を燃料とする「もみ殻発電事業」にも着手しました。地域の慢性的な電力不足を解消するとともに、低炭素コミュニティー形成にも寄与するプロジェクトです。

―技術革新にも積極的です。

環境変化が激しくなってくる中、その変化をいかにつかみ取っていくかが重要です。異業種や大学、国内外のベンチャー企業との連携を積極的に行い、例えば建設現場で稼動できるロボットなどの技術開発や、新規事業の展開につなげたいと考えています。昨年から実施している社員からのイノベーション提案募集には、2年間で3500件もの応募がありました。優れた提案については、さっそく実現に向けた取り組みを開始しています。今後もこういった動きを加速して、建設業の革新を進めていきたいと思います。

photo
広島赤十字・原爆病院
概要
社名株式会社フジタ
本社所在地〒151-8570
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2
Tel 03(3402)1911
設立2002年10月
創業1910年12月
事業内容総合建設業
資本金140億円
売上高3866億円(2017年3月期)
従業員数3031人(2017年4月現在)
支店・事業部国内支店11、事業部8、海外支店10、海外事務所6、技術センター(神奈川)
関連会社藤田商事(株)、(株)テクノマテリアル、フジタビルメンテナンス(株)、(株)高環境エンジニアリング他
ホームページhttp://www.fujita.co.jp/