中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

人生を彩る眼鏡 提案力に磨き

photo
代表取締役社長 デイミアン・ホール

―店舗の改装を進めています。

今年度末までに計32店舗のリニューアルを終える予定です。スタッフとの会話を楽しみながら商品を選べるカフェのようなスペースを設け、照明付きのハリウッドミラーを設置。また大型店舗では、レンズの見え方の違いを体験できるバーチャルリアリティー(VR)を導入している店もあります。コンサルティングを重視した改装店舗の売り上げは前年比10%増と好調です。

―一人一人の魅力を引き出すコーディネートが好評です。

肌色診断や印象分析の手法を取り入れた独自の「アイウェアコーディネート」は人気があります。現在は眼鏡を掛ける顔だけでなく、全身のトータルコーディネートも含めた提案をしています。また、タブレット端末を使って、お客さまに分かりやすく説明するツールを開発するなど接客のレベルを一層高めています。

提案力やアドバイスする能力が求められるため、人材育成にも力を入れています。全ての従業員に田中ブランドの「強み」や「らしさ」を理解してもらい、接客などに生かしてほしいと考えています。そのためのeラーニングなどを活用した人材育成プログラムも、構築しています。

―新ブランド「聞こえの田中」が本格的にスタートしました。

補聴器事業はお客さまの人生を大きく変えられると信じています。現在、難聴者の補聴器装用率は約13%。お客さまがコミュニケーションできる喜びを取り戻し、「ベストヒアリング」を手に入れるまでしっかりと支えます。

そのための一歩として昨年末、倉敷市に補聴器専門の1号店をオープンさせました。サービスカーとも連携し、特に創業の地である広島を「聞こえに困らない街」にしたいものです。

―今年の抱負は。

物を買ってもらうだけでなく、お客さまの人生をカラフルに彩る体験を提供できる店舗でありたいと考えています。季節ごとのキャンペーンにおいても、お客さまと触れ合えるイベントなどを企画するつもりです。「日本で一番楽しく選んでもらえる眼鏡専門店」を目指し、うれしい驚きや記憶に残る楽しい体験を提案していきます。

photo
2016年11月にリニューアルオープンした本店
概要
社名メガネの田中チェーン株式会社
本社所在地〒730-0036
広島市中区袋町1-23-102
Tel 082(245)5222
設立1913年3月
事業内容眼鏡類、コンタクトレンズ、補聴器、光学品の製造・加工・販売
資本金1億5000万円
売上高125億4000万円(2017年3月期)
従業員数850人(2017年3月現在)
支社・支店全国123店舗(2017年8月現在)
関係会社メガネの田中ホールディングス(株)
ホームページhttps://www.tanaka-megane.co.jp/