中国新聞LEADERS倶楽部
2017年新春トップインタビュー 広島のトップが想いを語る

徹底した対話で最適サポート

photo
取締役頭取 小田 宏史 (おだ こうじ)

―対話と提案による事業性評価の実践を行っています。

お客さまとの対話を深めてニーズを把握し、有益な提案をする「コンサルティング・ファースト」に力を入れています。人口減少によって国内市場が縮小していく中、企業の課題解決に向けた最適なサポートをしていく必要があります。グループ会社のワイエムコンサルティングとも連携しながら事業性を評価し、企業成長などの提案に結び付けています。担保や保証に過度に依存せず、事業内容や成長の可能性を適切に評価して融資などに努めています。さらに、担当企業1社を決めて徹底的にサポートに注力する「1人1社運動」なども展開しています。

―企業の事業承継や合併・買収(M&A)で力を発揮しています。

後継者不在は、多くの中小企業の悩みです。山口フィナンシャルグループ内のネットワークを生かし、広範囲の取引先の中から、マッチングできるのが、当社の強みです。昨年は、後継者がいない広島県の製造業者と北九州市の上場企業をつなぎ、M&Aを成立させたケースがありました。雇用を守る意味でも、重要な取り組みと考えています。

―人生設計をサポートするサービスが好評ですね。

住宅購入やお子さまの進学、家族のイベントなどの夢や希望を実現するための資金計画の相談に応じています。現状の収支や将来の予測を分析して資産形成プランや、万一の必要保障額を作成。プロとしてのアドバイスをしています。休日は、広島県内6カ所の「住宅センター+(プラス)」で対応。住宅ローンの手続きに加え、保険や資産形成の相談も受け付けています。昨年10月には外交員や支店にタブレット端末を配布して、お客さまにシミュレーションを迅速に示せるようになりました。

―利便性の向上にも積極的です。

1月から当行の全ての現金自動預払機(ATM)に広島県の金融機関では初めて、指の静脈認証を導入します。指をかざして本人確認し、通帳やカードなしでも利用できるようにします。指紋での照合などより偽造リスクが低いので、安全性が高いのが特長です。

お客さまのよき相談役として一人一人のニーズに応じたサポートを実践し、地域とともに発展します。

photo
指認証は1月15日からスタート
概要
社名株式会社もみじ銀行
所在地〒730-8678
広島市中区胡町1-24
Tel 082(241)3131(代)
設立1923年11月
事業内容銀行業
資本金100億円
経常収益(売上高)546億2655万円(2017年3月期)
従業員数1397人(2017年3月現在)
店舗数112店舗(支店98店舗、出張所14店舗)
(2017年9月現在)
関連会社(株)山口フィナンシャルグループ
ホームページhttp://www.momijibank.co.jp