PR
The new Golf デビュー The new Golf デビュー The new Golf デビュー

※写真は一部実際と異なる場合があります。
※機能・装備はグレードにより異なります。
※モニター画面はイメージです。

まずはお気軽にご相談ください。

ご案内はこちら
カタログ請求・試乗受付はこちら

8年ぶりのモデルチェンジ
The new Golf」に密着

 1974年のデビュー以来、世界で販売し、ハッチバックのベンチマークとして君臨するフォルクスワーゲンの「ゴルフ」。
そのゴルフが8年ぶりにフルモデルチェンジして日本にいよいよ上陸する。
待ちに待った新型「ゴルフ」はこれまでと比べ、どこがどう違うのか?
どんな新しい機能を搭載して、日本のドライブシーンをどう変えていくのか?
歴代ゴルフが培ってきた伝統と「変わらない価値観」を継承しながら、時代の最先端を走るドライビングテクノロージーを組み込んだ、新型「ゴルフ」の魅力を密着リポートする。

新型Golfにおいて重要となる3つの革新

Innovation 01 電動化

時代が求める走行性能がここに

 8年ぶりにフルモデルチェンジした新型「ゴルフ」。ひと目でゴルフと分かるシンプルでスタイリッシュな外観こそ継承しているものの、中身はまるで別物だ。
 大きな特長の一つが「電動化」である。新型「ゴルフ」では「48Vマイルドハイブリットシステム」を採用した。これは、48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーで、これを搭載したエンジンは「eTSI」と呼ばれる。

ELECTRIC
SUPPORT

Innovation 02 運転支援の強化

最先端の「安全」を走り続ける

 乗るほど、走るほどに、安心感が増す─。最新の運転支援システムをそろえた点も、新型「ゴルフ」の魅力だ。その多彩さと安全性能はまさに驚異的だ。
特色の一つは、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」。現行「ゴルフ」では時速60キロまでコントロール可能だった「Traffic Assist」の進化版で、ステアリングに軽く触れているだけで、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作をアシスト。長距離のドライブでも疲労感を軽減できる。
 プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」も強化された。レーダーにより、210メートル離れた地点まで障害物を検知し、衝突するリスクを警告するか、あるいは、必要に応じて減速することで軽減する。従来のシステムからさらに性能が高まり、車両に加え、歩行者と自転車にも反応するようになった。これなら、急な飛び出しにも対応できる。時速86キロ以下なら、静止した障害物にも反応するという。
 そして、新型「ゴルフ」に搭載された新機能が、緊急時停車支援システム「Emergency Assist」だ。ドライバーの状況を常にモニターし、意識を失うといった緊急時に同一車線上をキープするよう、自動的にステアリング操作を行い、緩やかにブレーキをかけて停車させるシステムである。

例えば居眠りや病気の発作などで、ドライバーが運転動作をしていない場合にシステムが起動。ハザードランプやブレーキランプを点灯させると同時にクラクションを鳴らして警告し、周囲への注意喚起を行う。さらに同一車線内で車を減速させ、最終的には停止。車両の暴走による事故を未然に防ぎ、被害を最小限に抑えてくれる。なお、途中で意識を取り戻すなど、運転に復帰できれば、システムの動作は終了し、ドライバーが運転を再開する。
 新型「ゴルフ」の安全性能はそれだけではない。ヘッドライトにも要注目だ。「IQ.LIGHT」と名付けられたそれは、片側に22個もの小型LEDを並べたマトリックスタイプ。フロントカメラが対向車や先行者を検知すると、自動的に片側22個のLEDを個別に点灯させたり、消灯させたりすることで、最適な配光を実現する。例えば夜間、急に対向車が現れても、ハイビーム状態を維持しながら、対向車だけにライトを照らさず、進行方向にライトを照らし、見えやすくするといったことが自動で行われる。ロービームに切り替えたりする手間がかからず、対向車の安全も確保できる。一石二鳥の安全だ。照らす向きや範囲がきめ細やかに自動制御されるため、雨の夜間でも高い視認性を保ち、運転しても疲れない。

※本サイトに掲載の運転支援システムは衝突などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によって作動しない場合があります。システムを過信せず、十分な注意を払い安全な運転を心がけてください。
詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。

SUPPORT

Innovation 03 デジタル化

それは、
未来につながるコックピット

 デジタライゼーションは、新型「ゴルフ」を語る上で欠かせないキーワードの一つでもある。運転席回りの環境は一変した。
 その名は、「Digital Cockpit Pro」。

DIGITAL

ランプ類やエアコンを操作するダイヤルスイッチはなくなり、タッチスタイルが採用され、スマートフォンのように直感的に操作できるようになった。オーディオのボリュームやエアコンの調整は指を滑らせるだけで操作できるタッチスライダーを導入している。
ヘッドアップディスプレーも斬新だ。せり上がり式でリフレクターに投影するタイプが多いが、新型「ゴルフ」は時速や進行方向などをフロントガラスに直接投影する。そのため、ドライバーは視線をそらさず情報を確認できる。
 「Discover Pro」には、通信モジュール「eSIM」を組み込んだ接続ユニットも搭載。オンライン機能により、ナビゲーションは常に最新にアップデートされる。
さらに新型「ゴルフ」は、フォルクスワーゲンのモバイルオンラインサービス「We Connect」に対応。スマートフォンの専用アプリを介してドアロックの開閉などの遠隔操作や、検索した目的地を車のナビゲーションに転送することも可能。定期点検や警告灯情報を自動で担当ディーラーに通知したり、万一走行中に故障した場合はボタン一つで車両の位置情報や車両情報を専門のオペレーターに伝えたりすることができるのだ。
快適で利便性あふれるドライブを革新的なネットワーク環境が支える。

「ゴルフ」の歴史

 1974年の誕生以来、歴代ゴルフはいつの時代も最新の技術を取り入れることで革新を続け、各国のドライバーたちから熱い支持を受けてきた。
新型のゴルフが登場するたびに、世界中の自動車メーカーが徹底調査するという話はただの噂ではない。
まさに「世界の基準」であり続けるゴルフ。このコーナーではその歴史を紐解いてみよう。
そこには、常に時代をリードし、今後もリードし続けるであろう、本物だけの価値、本物だけの美しさがある。

Golf I

質実剛健なFFハッチバック

  • 横置きFF、ハッチバックの基本形
  • 元祖“GTI”

Golf II

快適性向上

  • ABS
  • TDIエンジン
  • 酸化触媒

Golf III

安全・環境

  • エアバッグ
  • VR6エンジン
  • 水溶性塗料

Golf IV

高品質

  • ESP
  • ISOFIX
  • 6速DSG

Golf V

走行安定性

  • レーザー溶接
  • 4リンク リヤ サスペンション
  • TSIエンジン
  • 乾式7速DSG

Golf VI

環境と走りのバランス

  • 1.2TSIエンジン
  • BlueMotion Technology
  • 音響センサー
  • 消音ガラス

Golf VII

走行安定性

  • MQB
  • ACT
  • CEB
  • ACC
  • Lane Assistなど

Golf VIII

電動化・運転支援の強化・デジタル化

  • 48Vマイルドハイブリッドシステム
  • Emergency Assist
  • Travel Assist
  • LEDマトリックスヘッドライト
  • Digital Cockpit Pro
  • MIB3
  • タッチスライダーなど

※ 商品に関する詳細情報は、正規ディーラーまでお問い合わせください。
※写真は欧州仕様車です。一部日本仕様車と異なります。
※機能・装備はグレードにより異なります。

試乗レポート

The new Golf

× 森本ケンタさん(作曲家・ギタリスト)

理想を追いかけて進化していく
「同志」と呼びたくなるクルマですね

 2005年、20歳でメジャーデビューし、広島を拠点に国内外で音楽活動に取り組むケンタさん。2018年からは作曲家・ギタリストとして新たなスタートを切り、最近は音楽をテーマにした「空間プロデュース」も手掛けている。理想の表現を目指し続けるアーティストだ。

 1974年のデビュー以来、ハッチバックのベンチマークと称されたフォルクスワーゲンの「ゴルフ」。そのゴルフが8年ぶりにフルモデルチェンジ。そこには、「People’s Car」(国民車)をコンセプトに、理想のクルマを追い求めてきたフォルクスワーゲンの哲学、技術、アイデアの全てが詰め込まれている。

 2021年初夏。そんな新型「ゴルフ」(1.5ℓ eTSI®︎)のハンドルをケンタさんが握り締め、広島の街を走った。音楽の世界を駆け抜けてきたケンタさんは、新型「ゴルフ」の魅力をどう感じたのだろう。

森本ケンタさん

作曲家・ギタリスト

森本ケンタ さん

もりもと・けんた 1985年神戸市生まれ。2005年、シンガー・ソングライターとしてメジャーデビュー。テレビやラジオをはじめ、CM出演するなど、幅広く活躍。2018年、ギタリストに転向。

シンプルなのに、華やかさがある
コンパクトなのに、ゆとりが深い

 「シンプルで上品なのに、遊び心や華やかさを感じるフォルム。ゴルフらしいですよね」。
それが、新型「ゴルフ」を初めて目にしたケンタさんの感想だ。そして運転席に颯爽と乗り込み、ドアを閉めるや否や、「この『どーん』と響く音。この重厚感、この安心感がフォルクスワーゲンのクルマならではなんですよね」と頬を緩ませた。
ゴルフを運転するのは初めてというケンタさんだが、実は長年にわたるフォルクスワーゲン・ファン。かつての愛車は白の「ザ・ビートル」。「車種は違うものの、車内の居住性の良さ、エクステリアのクオリティーの高さは同じ。しかも、コンパクトな造りなのに、身長185cmの僕が座っても窮屈さを全く感じさせません」。

 ケンタさんが目を見張ったのは、二つの液晶ディスプレーが並んだコックピットだ。10インチの大型全面タッチスクリーン「Discover Pro」はスマートフォンのように画面上を軽くタッチするだけで反応。もう一つのデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」は基本の速度計とタコメーターの表示に加え、ナビゲーションモードを選択すると、マップが大きく映し出される。「マップで場所を確認したり、音楽を聞いたり、エアコンの温度を調整したり。直感的に操作できるから、便利。運転に集中できそう」。
 新型「ゴルフ」の車内ではドアトリムなど、車内にLEDの柔らかな光を灯す照明システムもあり、好みのカラーを選べるのも魅力だ。ライブ会場へはほとんどの場合、クルマで向かうというケンタさんは「本番を間近に控え、テンションを高めるため、車内の居心地には特にこだわっています。このゴルフなら、きっといい感じでライブに臨めるでしょうね」。

「力強く、しなやかに駆けていく」
「街中でも快適に走れる」

 プロとしての出発点となったこの広島の街で、ケンタさんは新型「ゴルフ」のアクセルを踏み、走り出した。「立ち上がりがスムーズ。しかも力強いですね」。  新型「ゴルフ」はエンジンと電気モーターを組み合わせた「マイルドハイブリッド」で爽快な走りとエコを両立。発進時にはトルクフルで滑らかな加速を実現し、アイドリングストップからのエンジン再始動時にも音や振動などを抑えてくれる。「これなら、スタートやストップの多い街中でも、快適に走れる」と声を弾ませた。

 歴代ゴルフがその性能を進化させてきたように、ケンタさんの音楽活動もまた、理想のサウンドを求めて進化を遂げていく。それが、フラメンコギターとの出会いだ。「2008年に『ロミオ』という曲を作ったとき、『何かが足りない』と感じ、何が必要なのか探していました。試行錯誤を繰り返す中で、見つけたのがフラメンコギターだったんです」と明かす。アコースティックギターとどう違うのか。「フラメンコギターは指と爪を使って演奏します。だから五指の感情が音に伝わりやすい。繊細な音から激しい音まで、自分の思いを音色にストレートに伝えることができるんです」。
 それ以降、ケンタさんは2種類のギターを使うようになり、表現の幅を大きく広げた。リリースするシングルの数々がインディーズ週間ランキングの1位を獲得し、オリコンランキングでもしばしば上位に。2014年にはスペインマドリードで単独公演を開催し、ケンタさんによるフラメンコギターの演奏は国境を超えて大きな喝采を得た。

伝統と先進性との融合から
新しいチカラが生まれる

 広島市の都心から、宇品海岸に立ち寄り、江波沖町、そして五日市へ。新型「ゴルフ」を縦横無尽に走らせるケンタさん。運転しながら実感したのは、ステアリングの軽快さと緻密さだ。「ハンドルを切った分だけ、正確にトレースしてくれる。曲がろうとする意思をタイヤにしっかりと伝えてくれます」。
 とりわけ感心していた機能が、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」だ。これは時速210kmまでの速度域で、ドライバーがあらかじめ設定した車速内で、前走車と一定の間隔を保ち、走行レーンの維持もサポートする機能。「前を走るクルマに合わせて、自動的に加減速してくれます。これなら長距離を移動しても疲れにくいでしょうね。渋滞のときにも役立ちます」と話しながら、こう付け加えた。「力強い走りと安定感といったフォルクスワーゲンの伝統を守りながら、時代に合った新しい機能を加えていく。伝統と斬新さを併せ持っているのが新型『ゴルフ』の最大の特長と言えるかもしれませんね」。

「人の気持ちにどこまで近づけるか」
クルマづくりも音づくりもそこが大事

 新型「ゴルフ」の試乗を終えたケンタさんに、このクルマの魅力について改めて尋ねてみた。
 「優れた操作性と高い快適性、そして確かな安全性能と、どこをとっても一級品。本物のクオリティーや機能が備わっているからこそ、乗った瞬間に心が開放されるような安心感がある。自宅とも職場とも違う、もう一つの居場所『サードプレイス』になり得るクルマではないでしょうか」。
 誰もが親しめる「People’s Car」を標榜し、一部のハイエンドモデルに搭載される先進技術やクオリティーを幅広いモデルに展開するフォルクスワーゲンの哲学を体現したのが新型「ゴルフ」と言える。

 そして、「乗る人やその家族の生活スタイルに寄り添うクルマづくりを」という姿勢は、「聴く人に寄り添う音楽づくりを」というケンタさんの思いと通底する。
 2020年には「より幅広い視点で、音楽を楽しめる空間を提供したい」との思いから、オリジナルのアロマオイルと、自身の楽曲をダウンロードできるミュージックカードをセットした新商品を開発。このほか、飲食店などの商業店舗で流す音楽の演出も手掛けるなど、今やその活動領域は、音楽を切り口とした空間プロデュースにまで広がっている。最近では、コロナの影響に左右されないよう、緑豊かな野外で焚き火とともに音楽を楽しむユニークなライブも開催。今後はコロナ禍で延期になったデビュー15周年の記念アルバムの制作など、なすべき仕事は山積みという。
 「新型『ゴルフ』が、フォルクスワーゲンのクルマづくりの伝統を継承しながら、電動化や自動運転など新しい時代に対応した機能を加えていくように、僕もまた本物の音楽を追求しながら、時代に合った新しい活動にもどんどん挑戦していきたいですね」と力を込める。
 作曲家・ギタリストとしてケンタさんが走り続ける道は果てしなく長く、遠くへ向かっていく。

取材協力/OFFICE KENTA、ISHIUCHI PENNON、rit. craft chocolate and coffee、SHAMROCK、FLEX GALLERY

ラインナップ

eTSI R-Line

車両本体価格:
¥3,755,000 円(税込)

eTSI Style

車両本体価格:
¥3,705,000 円(税込)

eTSI Active

車両本体価格:
¥3,125,000 円(税込)

eTSI Active Basic

車両本体価格:
¥2,916,000 円(税込)

1.5ℓ eTSI®︎

7速DSG®︎、総排気量:1.497cc、
最高出力(ネット値):
110kW(150PS)/5,000-6,000rpm、
最大トルク(ネット値):
250Nm(25.5kgm)/1,500-3,500rpm

1.0ℓ eTSI®︎

7速DSG®︎、総排気量:999cc、
最高出力(ネット値):
81kW(110PS)/5,500rpm、
最大トルク(ネット値):
200Nm(20.4kgm)/2,000-3,000rpm

※表示価格は2021年6月15日現在の車両本体価格(消費税込)です。オプション装着価格、付属品価格、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用、リサイクル料金は含まれておりません。別途必要となります。販売価格は正規ディーラーが独自に定めておりますので、お問い合わせください。

※eTSI Active Basic は納期に時間がかかりますのでご了承ください。詳細はフォルクスワーゲン正規ディーラーにお尋ねください。

●本価格は予告なく変更になる場合があります。

店長インタビュー

ようこそ、ゴルフの新しい世界へ

 8代目となる新型「ゴルフ」は、現行のゴルフと比べて、全長が30ミリ伸び、全高は5ミリ低くなったとはいえ、ボディサイズはほぼ同じ。歴代モデルと同様に日本の街中でも取り回ししやすいサイズです。
こうしたシンプルで無駄のない美しさといった伝統的なコンセプトを守りながらも、その実、中身は最先端の機能を盛り込み、劇的に進化を遂げています。
レベルアップした走行性能と環境性能、先進的な運転支援と安全装備、そしてデジタライゼーション。そこにはフォルクスワーゲンの技術が満載され、ひと足早く販売された欧州市場では高い販売実績を築いています。そしてもちろん、ここ日本でも上陸前から注目の的となっており、早くもヒットモデルとなる予感が高まっています。
歴代ゴルフ同様に、親しみやすさや馴染みやすさをキープしながら、まったく新しい乗り心地を体感できる。それが新型「ゴルフ」の魅力なのです。

フォルクスワーゲン広島 店長
岡山 敏之

「わくわく」が止まらない!

 ゴルフが誕生した1974年に生まれた私は20年以上にわたり、ゴルフの販売に関わってきました。ゴルフの魅力を簡潔に言えば、「変わらない価値観」です。
内外装とも「真面目すぎてつまらない」と言われるほど、質実剛健でシンプルなデザイン。すごく速い訳でも、車体が大きい訳でもない。でも、タイヤ、サスペンション、シート、ボディ剛性、パワートレインなど、ドライビングに関する全てが、高い水準で考え抜かれている車なのです。
たくさんの荷物を載せ、毎日長距離を高速で移動するような使い方をしても疲れを全く感じさせません。絶対的な安心感がそこにあります。「仕事が終わって、駐車場に停めたゴルフに乗った瞬間、家に帰った気分になる」と話すオーナーは少なくありません。
そんなゴルフが8年ぶりにモデルチェンジし、装備や機能を一新。「生まれ変わったゴルフをまずは見てほしい、触ってほしい、乗ってほしい」といった思いでいっぱいです。例えばゴルフファンのお客さまには、「歴代のモデルとどう違うのか?」をお聞ききしたい。ゴルフは初めてというお客さまには、「乗ってみてどう感じたか?」をとことん話し合ってみたい。販売に携わる私自身が楽しみでなりません。

フォルクスワーゲン広島平和大通り 店長
宮本 義久

店舗情報

Volkswagen 広島

住所
広島市中区西白島町17番9号
電話
082-221-7000
営業時間
10:00~19:00

Volkswagen 広島平和大通り

住所
広島市西区西観音町2番24号
電話
082-232-7000
営業時間
10:00~19:00