6日の広島市の平和記念式典で、安倍晋三首相のあいさつ中、参列者から安全保障関連法案をめぐって「戦争法案反対」などのやじが飛んだ。市は「会場内では近年、記憶にない」としている。

 首相が登壇すると、テントで覆われた会場後方の一般席などから、「戦争をやめろ」「戦争法案を撤回しろ」との声が上がり、周囲で賛同する拍手も広がった。「アベ政治を許さない」と記されたポスターを掲げる人もおり、市職員が制止する場面もあった。

 一方で、「今は式典中だ」と、原爆死没者の慰霊の場でのやじをいさめる参列者もいた。