「宏池会内で突っ込んだ話はしていないので、会長としての思い」と前置きした上で、派閥の政策や方向性について語る岸田氏(撮影・高橋洋史)

 宏池会を2012年10月から率いる岸田文雄外相(広島1区)。創立60年の節目に練り直しを進める派閥の政策について「外交面では、『バランスと現実主義』を受け継いでいく」と説明。政権奪取に関する派閥のあり方は「権力に謙虚であるべきだ」と述べるにとどめた。(野崎建一郎)