舟入市民病院が屋外に設けた、接触者向けの外来診療テント

 広島市中区の舟入市民病院は19日、新型コロナウイルス感染患者と接触し、症状のある人を対象とした新たな外来診療を始めた。玄関脇に設けた仮設テントで診察や検査をする。感染急拡大で接触者を広く調べられない状況の中、発熱患者たちを診る開業医をサポートし、必要な医療が届かない人を減らしていく。