広島県庁

 新型コロナウイルスがこれまでを上回るスピードで感染拡大する中、広島県の湯崎英彦知事は11日、県内の医師たちに、抗原検査の積極的な活用や飲み薬の処方に協力してほしいと要請した。電話やオンラインで自宅療養の患者をフォローする体制を、県内全域で築く重要性も訴えた。