両手を広げてゴールする京都のアンカー安藤(撮影・河合佑樹)

 皇后杯第40回全国都道府県対抗女子駅伝が16日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着する9区間、42・195キロであった。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止。2年ぶりの開催となり、京都が2時間15分5秒で2020年の第38回大会に続く優勝を飾り、大会最多の優勝回数を18に伸ばした。中国勢は岡山の13位が最高で、3大会連続で入賞なしに終わった。

 <写真集>岡山13位、広島21位 都道府県女子駅伝