第40回全国都道府県対抗女子駅伝(たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)が16日に行われる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。15日は京都市内で監督会議が開かれ、47都道府県のオーダーが発表された。

【関連記事】京都・兵庫が軸 16日都道府県女子駅伝、広島は若い布陣で挑む

 前回18位の広島は1区大西響(ユニバーサルエンターテインメント、広島・世羅高出)、2区で全日本大学女子駅伝4区区間賞の谷本七星(名城大、広島・舟入高出)を中心に前半で流れをつくる。5区は森安桃風(銀河学院高)、アンカーに松本のぞみ(ダイソー)を据える。岩本真弥監督(同)は「折り返しまでに10番前後でいければ良いんじゃないか。あとはどこまで順位をキープできるか」と前々回の15位に目標を定める。