1月末に閉店するホープタウン(米子市)

 山陰地方の郊外型ショッピングセンター(SC)の草分けとなったホープタウン(米子市)が1月末に閉店し、約40年の歴史に幕を閉じる。運営会社は「施設が老朽化した」と説明する。競争激化や、主力テナントの撤退も響いたとみられる。