野手に専念することになった田村

 投打の「二刀流」として期待された広島東洋カープのドラフト4位田村俊介選手(愛知工大名電高)が、プロでは野手一本で勝負することとなった。「球団の方と話をした。野手としてやっていきたい」と意気込んでいる。

 1月上旬に始まった廿日市市の大野屋内総合練習場での合同自主トレーニングでは連日、打撃練習に励み、鋭い打球を飛ばす。

 社会人出身の新人野手に打撃の話を聞くことも多いという。「打席での球の待ち方、心構えなど知らなかったことを学べる。プロでは長打だけでなく、状況に応じた打撃ができるところもアピールしたい」。高校時代は直球派左腕だっただけに、野手でも肩の強さが武器となる。