広島市内の病院で、医療従事者の新型コロナウイルス感染が相次いでいる。クラスター(感染者集団)が発生し、救急外来の休止に追い込まれたケースも。新変異株「オミクロン株」が猛威を振るう中、医療者の感染や濃厚接触が増え続ければ、欠勤者が膨らみ、地域医療が立ちゆかなくなる恐れもある。現場は「今ある医療を守るため、誰もが万全の対策を」と訴える。