女性から送られた手紙と現金を前に、青少年の更生支援への思いを語る笹野さん(画像の一部を修整しています)

 2021年の師走、東海地方の女性から現金5万円入りの書留が、広島市西区草津港の業務用青果卸業おおたけの4代目社長、笹野圭市さん(50)宛てに届いた。女性の名前に心当たりはない。いぶかる笹野さんは、同封された手紙を読んで心を揺さぶられた。