山口県は21日、今月末までとなっている新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」の期間の延長を政府に要請する方針を固めた。村岡嗣政知事は、延長が認められれば2月1日から対象区域を全県を視野に広げる意向を示した。延長要請は広島県も検討している。島根県は初の重点措置の適用を要請する方向で、感染に歯止めをかけるため、経済や生活への制限が中国地方で強まることになる。

▶山口県で307人感染、過去2番目の多さ 21日新型コロナ

▶米軍岩国基地で33人感染 21日新型コロナ