G7サミットの広島開催を求める要望書を岸田首相(左から3人目)に渡す松井市長(同2人目)。左端は池田会頭、右端は湯崎知事(広島市提供)

 広島県の湯崎英彦知事と広島市の松井一実市長は27日、岸田文雄首相(広島1区)と官邸で面会し、2023年に日本である先進7カ国首脳会議(G7サミット)を被爆地の広島市で開くよう求めた。首相は「開催地に選ばれるには多くの納得が得られる状況が必要だ。広島がふさわしいか精査する」と応じたという。