自宅療養者らと電話でやりとりする南保健センター職員。感染者のデータの打ち込みなど、別室で業務に追われる人もいた(24日、撮影・高橋洋史)

 過去に例のない新型コロナウイルスの急拡大を受けて、広島県内で保健所の業務が逼迫(ひっぱく)しつつある。「やることが無数にある」「職員の健康も心配」…。現場が切実な声を上げる中、県は24日、濃厚接触者には保健所でなく、感染者本人から連絡してもらうことも検討中と明らかにした。膨れ上がった自宅療養者のケアに、より注力する考えだ。