22日午前1時8分ごろ、大分、宮崎両県で最大震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は日向灘で、震源の深さは45キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・6とされる。高知県や熊本県でも震度5弱を観測し、中部から九州の広範囲でも震度1以上の地震があった。中国地方5県では、広島県府中町や山口県の防府市などで震度4、広島市などで震度3を観測した。その後も日向灘を震源とする地震が続いた。⇒【関連】JR在来線、広島県内で運休や遅れ

 大分、宮崎両県では、けが人や建物などの被害情報が相次いだ。大分市によると、市内の80代女性が転倒し、骨折の疑いで搬送された。80代男性も負傷。市内の複数の場所で水道管が破裂した。佐伯市内で3人が軽傷を負ったほか、大分県内では停電が一時発生した。

 宮崎県警によると、県内で4人が転倒するなどしけがを負った。うち新富町の50代女性はベッドから転落して病院に搬送された。

 延岡市では街灯1本が折れ、高千穂町では積まれたブロックが崩れるなどした。

 気象庁によると、南海トラフ巨大地震の想定震源域だが、今回の規模がM6・8未満で基準に達しないことから、有識者を交えた「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の臨時開催はしないと明らかにした。その上で、毎月定例で開く検討会で関連を議論する方針とした。

 気象庁は22日未明に記者会見を開き、今回の地震の原因について「プレート内部で発生した」との見解を示した。南海トラフ巨大地震は、プレート境界で発生する地震とされている。

 津波はなかったとし「揺れの強かった地域では、今後1週間程度、最大震度5強程度の地震に注意」と呼び掛けた。地盤の緩みを考慮し、両県の一部地域で土砂災害警戒情報の発表基準を通常の8割に引き下げる。

 佐賀県の玄海原発と鹿児島県の川内原発、愛媛県の伊方原発に異常は確認されていない。首相官邸は危機管理センターに官邸連絡室を設置し、情報収集に当たった。

 22日午前1時8分ごろ、最大震度5強を観測した地震で、主な各地の震度は次の通り(中国地方分)。

 震度4=府中町(広島)防府西浦、山陽小野田(山口)▽震度3=境港(鳥取)出雲(島根)玉野(岡山)広島、呉、尾道(広島)下関(山口)▽震度2=鳥取(鳥取)松江(島根)倉敷(岡山)福山(広島)山口(山口)▽震度1=倉吉(鳥取)浜田(島根)岡山(岡山)三次布野(広島)美祢美東(山口)など