新型コロナウイルスの感染急拡大で、広島県は、症状がある人の診断では抗原定性検査を積極的に活用するよう、県内の医療機関に求め始めた。これまで中心だったPCR検査が急増し、検査体制の限界に達する恐れがあるため。抗原定性検査は15~30分程度で結果が出るのが特徴で、すぐに治療を始められる利点もあるとみている。