桑原組が導入する超大型解体専用機

 解体業で地場大手の桑原組(広島市西区)は今春、同社で最大となる130トン級の超大型解体専用機を導入する。建設機械製造のコベルコ建機(佐伯区)の最新モデルで、高さ40メートルまでアームを伸ばせる。大きい建物への対応を強め、今後の市中心部での再開発事業や広島県内の工場解体に伴う需要を取り込む。

【広島再開発マップ】はこちら