島根県庁

 新型コロナウイルスの年末からの感染発表が11日、200人を超えた。松江市の居酒屋で島根県内30例目のクラスター(感染者集団)が確認され、出雲市立中2校の関係者の感染も判明。新たな変異株「オミクロン株」の広がりも見られる。県は入院者の早期退院による自宅・宿泊療養の運用を始めた。丸山達也知事は仕事始め式で「コロナ最優先で対応を」と指示した。