鳥取県庁

 鳥取県は28日、新型コロナウイルス対応で業務が急増している保健所の機能の一部を担う「特命チーム」を本庁や県教委に新設した。感染が深刻な分野に合わせ、「子ども関係施設」「学校」「社会福祉施設」の3チーム。感染者の行動履歴や接触者の確認などを肩代わりし、初動で感染の抑え込みを図る。全国で保健所の役割を減らす議論が相次ぐ中、保健所強化の方向性を明確にした。