東京第6検察審査会の議決書。35人を「起訴相当」とした

 2019年7月の参院選広島選挙区の大規模買収事件で、河井克行元法相(58)=実刑確定=らから現金を受け取ったものの、公選法違反(被買収)の罪で不起訴処分になった地方議員や後援会員ら計100人について、東京第6検察審査会は28日までに、広島県議や広島市議ら35人を起訴すべきだとする「起訴相当」の議決をした。

河井夫妻事件、検察審査会が公開した議決全文(原本コピー)