新型コロナウイルスの感染急拡大で、広島県は25日、逼迫(ひっぱく)しつつある保健所の業務を見直した。保健所の負担を減らすため、同居者以外の濃厚接触者への連絡を感染者本人にしてもらったり、接触者の特定を感染者の通勤、通学先に委ねたりするのが柱。その分、感染者の重症化防止へ重点を置くとしている。