福山市は25日、JR福山駅南口の駅前広場の再整備で、機能の配置案を公表した。市民や観光客が飲食や買い物などを楽しむスペースを増やし、バスやタクシーの待機・乗降場が中心の現配置を大幅に見直す。2022年度に配置案の課題などを検証する社会実験に取り組み、市民の意見も踏まえて計画をまとめる。

▽駅前大通りの機能も見直し