新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」で、広島、山口両県は24日、適用期限を31日から延長するよう政府へ要請した。島根県は24日、初めての適用を要請し、岡山県も同日までに求めた。政府はいずれも受け入れ、期限を2月20日までにそろえる方針。「オミクロン株」を軸とした感染急拡大により、行動制限を伴う重点措置が中国地方5県のうち4県へ広がる事態になった。