広島県庁

 広島県は21日、新型コロナウイルスの感染急拡大で県内の自宅療養・待機者が20日時点で1万24人となったと公表した。1万人を超えたのは初めて。10日以降、過去最多を更新し続けており、改善の兆しが見られない。今後、急変リスクのある患者をいかにきめ細かく見守ることができるかが課題となる。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況