米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症用の飲み薬「モルヌピラビル」(ロイター=共同)

 新型コロナウイルス感染症対策の切り札として、広島県でも新たな飲み薬が使われ始めた。厚生労働省がこの感染症で初めて認めた経口の抗ウイルス薬「モルヌピラビル」。重症者を減らす期待が高まるが、誰もが広く使える状況ではない。供給量にも課題があり、注意が必要だ。