記者会見で説明する湯崎知事

 広島県の湯崎英彦知事は18日、県に適用されている新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」の期限(31日)を延長すべきかどうかについて「まだ判断できる状況ではない」と述べた。県内の感染状況は「ピークアウトするかしないかに差し掛かっている」との見方を示しつつ、首都圏や関西地方での感染急拡大の影響などを注視するとした。