NTTファイナンスをかたった特殊詐欺で、犯人グループから送られるSMSの一例(広島県警提供、画像の一部を修整しています)

 広島県警は18日、「NTTファイナンス」をかたる架空料金請求詐欺で、福山市内の50代医師男性が百数十回にわたり計約1億3800万円をだまし取られたと発表した。県内で起きた特殊詐欺事件では過去最多の被害額で、福山東署が詳しい経緯を調べている。

 県警によると、昨年10月12日午前11時ごろ、男性の携帯電話に「NTTファイナンス。未納料金が発生している」などとショートメッセージサービス(SMS)が届いた。男性が表示された連絡先に電話すると「未納料金について情報管理関連の協会に調査させる」などと言われた。

 その後「あなたの携帯電話が原因で被害者が出ている。被害者が訴訟を起こすと言っているので示談金を準備してほしい」などと複数回電話があり、男性は今月7日までの間、未納料金の支払いやトラブル解決金の名目で、指定された口座に計約1億3800万円を振り込んだ。相手と連絡が取れなくなったのを不審に思い、17日に福山東署に相談して発覚した。

 NTTファイナンスは実在する企業だが、特殊詐欺に絡み同社をかたるケースが相次いでいる。県警は「電話で金を要求されたら詐欺を疑い、周囲に相談してほしい」と呼び掛けている。