島根県庁

 島根県と松江市は16日、新たに85人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は出雲市26人、邑南町9人、浜田市8人、益田市7人、松江市6人、江津市3人、県外1人と浜田保健所管内(浜田、江津両市)18人、出雲保健所管内(出雲市)7人。県は出雲市で練習試合をした市立中5校の計18人をクラスター(感染者集団)と認定した。

▶島根県で81人感染 15日新型コロナ 県西部で拡大止まらず、新たなクラスターも

▶島根県、酒伴う飲食の人数制限要請を決定

 出雲市教委によると、クラスターとなった練習試合は、8、9日に中学校計9校で開催。同市の5校の教職員や生徒計18人の感染が、15日までの検査で分かったという。うち2校では、練習試合に参加していない学校関係者に広がる2次感染となっており、各11人と9人に上るという。同市教委は16日、全市立中学校の部活動を17~31日まで中止すると発表。「学校内での感染予防を第一に考えながら、学校で勉強できる環境を整えたい」とし、市内全校一斉の休校は、否定した。同市内では1月に小学校2校、中学校7校が休校となっている。

▽各地の感染状況詳細は…