広島県庁

 広島県内で16日、新たに1280人の新型コロナウイルス感染が発表された。4日連続で過去最多を更新し、2日続けて千人を上回った。感染者は累計で3万651人となり、3万人を超えた。

▶7割発熱で無症状は1割 目立つ喉の痛み・鼻水・筋肉痛、広島のオミクロン感染疑い405人分析

▶広島の学校、新型コロナ第6波猛威 県立で130人、広島市立で209人感染判明

 県内では2020年3月7日に初の感染者が確認され、21年5月26日に累計1万人、9月7日に2万人に達した。その後は増加ペースが落ち着いていたが、今年に入って感染が急拡大し、今月1~16日に8438人が確認されている。

 16日の1280人の居住地は、大崎上島町と神石高原町を除く21市町。内訳は、広島市870人▽呉市102人▽福山市86人▽東広島市48人▽廿日市市40人▽尾道市24人▽三原市、府中町各17人▽大竹市16人▽江田島市12人▽三次市7人▽熊野町6人▽安芸高田市、坂町、北広島町各5人▽庄原市4人▽府中市、世羅町、山口県各3人▽海田町、鹿児島県各2人▽竹原市、安芸太田町、神奈川県各1人―となっている。

▽広島、福山、呉のクラスター詳細は…