広島市は13日、新型コロナウイルスの感染者が急増している今月の感染状況をまとめた。昨年8~9月の「第5波」に比べて爆発的に感染が拡大したのは、感染力が強いとされる「オミクロン株」の影響と分析。推定感染経路は年末年始の行動を反映し、会食が3割以上を占めた。一方で、症状の重い人の割合は低くなっている。