広島は12日、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」拡大に伴う外国人の新規入国停止措置が続いているため、新外国人選手の来日時期が決まっていないことを発表した。ライアン・マクブルーム内野手、ドリュー・アンダーソン投手、ニック・ターリー投手の3選手。来日後も隔離期間が必要となるため、2月1日からの春季キャンプ参加は難しくなった。