まん延防止等重点措置の対象区域の拡大を巡る政府との協議について説明する湯崎知事(広島県庁)

 広島県の湯崎英彦知事は12日、現在は県内の10市3町を対象区域としている新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」について、拡大する方向で政府と調整していると明らかにした。全国知事会の新型コロナ緊急対策本部にオンライン出席した後、記者団の取材に答えた。

▶広島県の「まん延防止」対象、県内全23市町に拡大検討

▶【詳報】広島県で652人感染 12日新型コロナ

 湯崎知事は「現在は対象区域になっていない県北部で感染者が増えている。対象区域の拡大を国と調整しており、何日もかけないで判断する」と説明した。どの市町に広げるかは明言しなかった。

▽新たな対象区域にも酒提供停止要請へ