広島県庁

 広島県は6日、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」が県に適用された場合、適用地域に想定する広島市、廿日市市、大竹市、府中町、海田町の3市2町の飲食店に対して、午後8時までの範囲内で営業時間を短縮し、酒の提供をしないよう求める方針を明らかにした。 

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

【関連記事】

広島市で151人感染1人死亡、100人超えは9月4日以来 6日新型コロナ

中国5県、オミクロン猛威 コロナ262人、医療現場に懸念

林外相、米兵らの外出制限を米国務長官に要請 在日米軍クラスター問題