広島県庁

 新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、広島県が、政府への「まん延防止等重点措置」の適用要請を検討していることが5日、分かった。山口県は同日、感染者が急増している岩国市と、隣接の和木町を対象地域として要請する方針を固めた。政府は、両県から要請があれば適用する方向で検討する。重点措置の期間については、適用決定に向けて調整に入った沖縄県とともに9~31日を想定しているとみられる。

▶広島、山口両県へのまん延防止適用も検討 政府

▶広島市、廿日市市、大竹市で成人式延期 コロナ感染急拡大

 広島県の5日の感染者数は138人で、2日続けて100人を超えた。県は、6日の感染者数はさらに増えるとみている。複数の関係者によると、県は同日に幹部たちの会議を開き、今後の対策を協議する。5日は重点措置の対象地域や行動制限の内容について検討した。

▽広島の対象地域は…