広島県庁

 広島県内で2日、58人の新型コロナウイルス感染が発表された。50人を超えるのは昨年9月23日以来、101日ぶりとなる。また、広島市は市内の医療機関1カ所で計22人のクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

【グラフ】広島県の新型コロナ感染者数など

 県と広島市によると、居住地は、広島市37人▽海田町5人▽竹原市4人▽東広島市3人▽廿日市市、尾道市各2人▽大竹市、三原市、三次市、熊野町、坂町各1人。症状別は中等症2人、軽症44人、無症状12人だった。 

【関連記事】

広島市の医療機関で22人のクラスター

尾道市で17人の会食クラスター

広島市でオミクロン株1人、市中感染か

広島県内初のオミクロン、関西で市中感染か