広島県庁

 広島県内で1日、21人の新型コロナウイルス感染が発表された。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 居住地は、広島市11人、尾道市3人、福山市と東広島市と海田町各2人、廿日市市1人。症状は海田町の60代1人が重症で、20人が軽症という。

 また、広島市はこの日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に同市内の10代1人が感染していたと発表した。市によると、12月下旬に発表した新規感染者のうちの1人で、海外の滞在歴や県外への往来歴はなく、県内で初めての市中感染の可能性があるという。県内での、オミクロン株の感染者の発表は2人目。 

【関連記事】

広島県内初のオミクロン、関西で市中感染か

広島県内で23人感染、62日ぶり2桁 尾道市では17人の会食クラスター 31日新型コロナ